From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

はぁ。。。なんで、こんなバカげた失敗しちゃうんだろう。少し考えれば、分かることなのに。

止められなかった自分が、悔しい。もう少し、ひんぱんに連絡を取っていればなぁ。

◆  ◆  ◆

あ、すみません。何の説明もしなくて。突然、こんなことを言われても、なんの話かサッパリ分かりませんよね。

ちょっと、聞いてください。ぼくの知り合いが、「トレーダーになりたいから会社辞める」って言うんです。あまりに唐突だったので、ぼくもビックリしてしまいました。

彼とは、大学生の時、バイト先で知り合いました。仮に、名前を「西さん」としておきます。

西さんは、世の中を知りません。それもあって、騙されやすい人です。こないだも、ネットワーキングビジネス(マルチまがい)に巻き込まれていました。

彼はいわゆる、「ウマい話(=サギ)」に飛びついてしまう人です。厳しい言い方ではありますが、「夢を持っているけど、実力がない」タイプの人です。

こういう人って、放っておくと危ないんです。見ず知らずの人にふっかけられた儲け話(サギ話)に乗ったりするので。

せっかく、お金を貯めても、すぐにダマされて吐き出してしまう。だから、いつまで経ってもお金が貯まらない。

まぁ、「ダマされやすい人」の典型例ですよね(汗) 人としては、尊敬できる人です。バリバリ働くし、器も大きいし。でも、「資産運用」の知識と、「資産防衛」の知識が、圧倒的に足りていないんです…。

 

俺はFXで月収1000万円を目指す!

話を戻します。

西さんが、仕事を辞めてしまいました。話を聞いてみると、今回は、FX系の怪しい話にダマされているようでした。

西さんは、「俺はFXで月収1000万円を目指す!」と言っていました。

そもそも彼には、300万円も貯金がありません。ということは、「月収1000万円」は月利300%以上を目指すってことです。常軌を逸しています。

ぼくは、「それ、絶対にサギだから、考え直した方が良いよ」と言って、説得しました。でも、話を聞いてくれませんでした。

そして、ついこないだ。彼は仕事を辞めてしまいました。はぁ…。あんなに、止めたのに。止められなかった自分が、情けない。悔しいなぁ。



この記事を読んでくれている方は、レベルの高い投資家ばかりです。きっと、こんなサギ師にダマされる人は、いないでしょう。

そう、あなたは賢いので、ダマされることは無いでしょう。でも、あなたの周りの人はどうでしょう? 「夢を持っているけど、実力がない」人は居ませんか?

もし居たら、この記事を読ませてあけて欲しいです。その人たちが、ダマされないうちに、あなたが守ってあげてください。これは、僕からのお願いです。

さいわい(?)西さんは独り身です。だから、多少、お金を失っても、自分が損するだけで済みます。

今回の失敗も、何年か後になって振り返ってみれば、「バカなことをしたなぁ」と笑えることかもしれません。

ただ、、、これが、もしも。

もしも、仕事をリタイアした人だったら? 給料が無くなって、手元にあるのは退職金だけ。そんな人が、ダマされたら、どうなるでしょう?

もしも、新婚夫婦だったら? 二人で貯めた貯金が無くなったら? 夫婦の関係が、いままでどおり続けられるでしょうか?

…人によっては、取り返しの付かないことになっていたはずです。そんな人を、増やしたくないんです。だから、お願いです。あなたの力が必要です。

あなたの周りに、「夢を持っているけど、実力がない」人が、居たら。ぜひ、これから書くことを教えてあげて下さい。これは、僕からのお願いです。

 

自分の資産を守る3つの鉄則

資産を持つ人は、「資産を運用する」こと以上に、「資産を減らさない方法」を学ぶ必要があります。「増やす」以前に、「減らさない」ことが大切です。

これから、資産を守るための3つの鉄則をお話しします。あなたの資産を守るために、とても大事なことなので、必ず覚えてください。きっと、これからの人生に役立つはずです。

資産を守る鉄則その1:
他人に勧められた話には乗らない。

まず、この世に「ウマい話」は存在しません。自分で見つけたならまだしも、他人に勧めるなど、もっとあり得ません。他人に「ウマい話」を持ちかけられたら、十中八九、ニセモノだと思いましょう。

営業と呼ばれる営業は、大体あやしいです。証券マン、銀行員、保険の営業などは、すべて同じですね。

また、サギにダマされる人にありがちなのが、「学生のときの知り合い」にダマサれるというものです。同窓会などで再開し、そこで儲け話を持ちかけられる…といった具合です。

中でもサギ師は、「本当に美味しい話だから、誰にも教えたくないんだけど…。でも、〇〇さんだけは特別。教えてあげる」といったようにアプローチしてきます。

言葉巧みに、あなたのサイフからお金を抜き取ろうとしてきます。決して、他人に言われてサイフを開かないこと。そして、そのサギ師とは、今後いっさい連絡を取らないようにしましょう。

資産を守る鉄則その2:
一人で決めない。かならず家族に相談する。

サギ師の多くは、こんなことを言います。

「この話はキミだけに教える秘密だから、誰にも言っちゃだめだよ。悩むことがあったら、私に聞いてね。」

「キミだけ」「誰にも言っちゃだめ」。こういう系の話が出てきたら、だいたい怪しい話だと思いましょう。身構えておいて、損はありません。

相手が本当にあなたのことを考えていたら、「みんなに相談しながら、ゆっくり決めて」と、言うはずです。秘密にする必要など、ありません。

私の周りで、サギ師にダマサれた人には、ある共通点があります。それは、「素直すぎる」という点です。

「誰にも教えちゃいけないよ」と言われたら、素直に黙っている。そして、じぶん一人で考えたり、サギ師に相談したりする。…そうなっては、彼らの思うツボです。

お金について、何かを決めるときは、必ず家族に相談しましょう。

家族が居ないという方は、信頼できる友人に相談しましょう。あるいは、グーグルで検索するのも良いでしょう。これだけでも、被害を食い止められることがあります。

資産を守る鉄則その3:
その場で決めない。かならず時間を空ける。

サギ師は、人のサイフをこじ開けるために、あの手この手を使ってきます。その一つ手法が、「勢いに乗せて、その場で決めさせる」というものてす。

たとえば、「チャンスは今しかありません。だから早く、買って(契約して)ください!」といった手口です。

だから、「チャンスは今しかありません」ということばを聞いたら、警戒しましょう。とくに、資産運用の世界に、「今しかないチャンス」など、ほとんどありません。

相手が本当にあなたのことを考えていたら、十分に時間を設けるはずです。お金のことであれば、なおさらです。

「急げ!」ではなく、「ゆっくり決めてください」と言うでしょう。急かされている時点で、「ん?」と違和感を覚えるはずです。

◆  ◆  ◆

はぁ…。もっと早く、この記事を書いていれば。きっと、西さんも騙されずに済んだんだけどなぁ。凹むなぁ〜。。。

西さんは、もう手遅れだけど。あなたの周りに、彼と似た人がいたら、救ってあげて下さい。あなたの一声で、大事な人の人生が守れるかもしれませんので。

ご協力をお願いしますm(_ _)m

– 中原良太

 

PS

着実に資産を殖やすなら、この方法が一番だと思うんだよなぁ…。(月利300%は無理ですが)

http://amzn.to/2gqXT9J